So-net無料ブログ作成
検索選択

【ブルーエア】流行するマイコプラズマ肺炎に有効 [生活]

ブルーエア001l.jpgマイコプラズマ肺炎がこの秋、流行しているという。国立感染症研究所によれば、今年の患者数は過去最高という。

マイコプラズマ肺炎は従来、子どもが罹患する病気と思われてきたが、近年では成人の罹患率も高くなっているという。

そもそもマイコプラズマ肺炎とは、名称の通り、マイコプラズマという細菌が原因で発症する肺炎。発症すると、発熱や全身にだるさを覚え、席が長く続く。診断が遅れると重症化することもあるので、注意が必要です。

ブルーエア002l.jpg
これを防ぐには、マイコプラズマ菌を除去するのが一番の改善策。だが、マイコプラズマ菌は非常に微細で、なかなか除去しづらい。

空気清浄機「ブルーエア」は、空気清浄機専業メーカーが開発し、フィルターも独自開発されたものを搭載している。そのため「0.1μm以上の粒子を99.97%除去」を可能にし、マイコプラズマのような微細なウイルスの除去にも役立つと考えられている。ブルーエアは空気清浄機能に特化した製品であり、独自技術「HEPA Silentテクノロジー」が非常に微細な粒子を確実に、速く除去する。

今年の冬、空気清浄機選びのポイントはマイコプラズマ肺炎かもしれない。

Blueair ブルーエア空気清浄機270E 270EK110PAW

新品価格
¥44,000から
(2012/11/3 13:32時点)










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。