So-net無料ブログ作成

知って「ちょっと」得するiPhoneの小ワザ [デジタル]

 iPhoneを購入して色々イジっていると、使い方って自然に身についてくるはずだ。でも、意外と使っていない「便利な小ワザ」ってのがあるものだ。そんな「便利な小ワザ」を集めてみた。

機内モードで「圏外」から素早く復帰しよう
 電波が届くはずの場所で「圏外」になったり、地下から地上に出たときに電波をなかなか拾わなかったりして、いらいらすることってないだろうか? そんな時のオススメな対処法をお教えしよう。iPhone-p1.jpg

 やり方は超簡単。「設定」アプリから「機内モード」を一度オンにして、またオフに戻すだけ。「機内モード」は飛行機に乗るときなどのために通信機能を停止するモード。要は、これで通信機能に“再起動”をかけるようなもの。

 機内モードをやめると、iPhoneが基地局との通信を再度やり直すから、すぐに「圏外」が治る。もちろん、本当に「圏外」だった場合は使えないが…。

 なお、au版iPhoneでは「3G」や「LTE」と通信モードが表示されるところに「○」と表示され、通信速度が猛烈に遅くなってしまう場合がある。その時にも「機内モード」のオン/オフで、通信状態をリセットすれば解消することができる。結構お世話になる技だ。

盗難や紛失に備えよう
 もし、お使いのiPhoneを「落とした」や「盗まれた」場合…。考えただけでもゾッとするね。

 実はiPhoneにはGPSなどの位置情報を使い、所在地をマップ上に示す機能がある。これを使えば紛失や盗難にあった場合にも、iPhoneを発見できる可能性が高まる。

 Appleのクラウドサービス「iCloud」の機能の一つ、「iPhoneを探す」がその機能。設定アプリから「iCloud」→「iPhoneを探す」をオンにして、表示されたダイアログの「許可」と答えよう。これで設定は完了。

 そうすると、もしなくした場合に、パソコンなど他の端末からiCloud.comにアクセスすれば、地図でiPhoneの現在地を確認することができる。また、そのiPhoneに音を鳴らせという信号を送ったり、拾った人に向けてのメッセージを送信したりすることができる。メッセージを送る際には自身の個人情報の扱いには注意だ。

 さらにiPhoneが手元にない状態でも、「リモートロック」でロックをかけたり、「リモートワイプ」でデータを消去したりすることも可能だ。ただ、「リモートロック」と「リモートワイプ」を使うとiPhoneの場所を確認することができなくなってしまうから、最終手段だと思った方がいい。

クレジットカードなしで無料アプリをダウンロード
iPhoneでApp Storeを利用するときにはクレジットカードかプリペイドのiTunesカードが必要だと思われがちだが、実はカードが無くても利用できる。「無料アプリしか使わないんだからカードを登録したくない」という人も、この方法なら大丈夫だ。

 具体的には、無料のアプリをダウンロードしたいとき、AppStoreを利用するためのAppleIDを新規作成する手続きの中で、支払い方法に「なし」を選択する。他は、求められた情報を入力しよう。

 その後、設定したメールアドレスに確認メールが届くから、本文に含まれるリンクからアカウントを認証すればダウンロードできるようになる。有料アプリを使いたくなってから、改めてカードを登録すればOKだ。

 
iPhone 4S/4 PRO GUARD (PHASE 2) HD Professional Front and back film (防指紋 AF Anti-Fingerprint / PGAF-IPH4)

iPhone 4S/4 PRO GUARD (PHASE 2) HD Professional Front and back film (防指紋 AF Anti-Fingerprint / PGAF-IPH4)

  • 出版社/メーカー: マイクロソリューション Micro Solution Inc.
  • メディア: Wireless Phone Accessory



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。