So-net無料ブログ作成
検索選択

キンドル日本上陸!驚異の成長力を秘めるアマゾン! [デジタル]

世界で最も売れている電子書籍端末キンドルが日本上陸!
キンドル1.jpg
2012年6月26日、米国のeコマースサイトの雄、アマゾン・ドット・コム(米国ナスダック上場、コードAMZN)の電子書籍リーダー「キンドル」が日本でも発売されるというニュースが発表されました。キンドルは世界で最も売れている電子書籍を読む為のデバイスです。

日本での発売については「発売が正式に決定された」という以上の情報はなく、詳しくは後日発表、とするのみです。今のところ日本では、電子書籍についての障壁は高く、普及についても懐疑的、或いは不透明な部分も多く残っています。しかし、先行する米国の爆発的な普及を見ていると、数年後には爆発的な普及を見せている可能性もあります。

そして米国で電子書籍を普及させたのは、圧倒的な電子書籍数を持ち、キンドルを儲けなし(機種によっては赤字)で販売してきたアマゾンの存在が大きいのです。これまでも日本で様々な業者が電子書籍事業をスタートして現在乱立気味となっていますが、どれも成功したとは言えない状況です。成功者であり、米国でのノウハウを持つアマゾンの上陸で、日本でも普及が進む可能性あります。

スマートフォンを振り返ってみても、日本でその言葉が定着したのは2010年ごろでしたが、米国では2004年頃にはSmart Phoneが株式投資において話題の言葉となっており、当時すでに電車や空港でスマートフォンに指を走らせる人を至るところで見かけるようになっていました(当時はまだiPhoneなどのタッチスクリーンはなく、ブラックベリーのキーボード搭載型が主流でした)。

先行する米国では既に出版物全体の約2割が電子書籍に!
その米国では、アマゾンが2007年に初代キンドルを発売し、2009年あたりから倍々ペースで電子書籍市場が急成長、今では全ての出版物全体の約2割が電子書籍形式で購入・購読されています。アマゾンがキンドルを発売するのは、(アップルのiPadなどと違って)機器販売で儲けるのでなく、赤字覚悟でそれを普及させ、後に購入させる電子書籍で継続的に儲けるためです。
キンドル2.jpg
一般の紙の書籍や雑誌の場合、値段のうち、最も多くを占めるコストが取次マージンと製本・印刷などです。また多くの在庫を抱え、返品コストも多大です。電子本ではそれら全てが不要となる上、中間マージンを大幅にカットでき、また販売においても物理的な立地における不動産コストも不要で、(ネット販売するだけなので)小売りコストも低くなります。最終消費者や著作者に対しては金銭的なメリット大ですが、カットされる側の業者の反発にあってなかなか普及が進まないところです。そのような中でも圧倒的な消費者の支持には勝てず、業者もこれに乗る方に回ってきました。例えばバーンズ&ノーブルという米国最大の(電子でなく紙の)書籍販売店チェーンは、紙の書籍販売が落ち込むリスクをとってまで、生き残りをかけてnookという電子書籍リーダーの発売に踏み切り、アマゾンに対抗しています。

数ある電子リーダーの仲でも大きな優位性があるキンドル

数ある電子リーダーの中でキンドルのメリットは、アマゾンが機材で儲ける意思なないため、価格が安いことと、iPadなどと違って本を読む為に開発されたタブレットなので、読みやすい、目が疲れない、などが挙げられます。

会計事務所大手のPWC社では、2016年の電子書籍の市場規模を、現在の4倍近くとなる208億ドルまで成長すると予想しています。アマゾンはこのように成長を期待できる市場でトップを走っており、早くから読む為の電子書籍リーダー機の開発と、書籍の規格・フォーマット作りや、コンテンツである本や雑誌、新聞の品揃えを多くするよう準備してきました。その準備の一環として、2兆円の本・雑誌市場である日本へも上陸することが正式に伝わったところです。

アマゾンの成長は電子書籍にあるだけではありません。同社は自らをネット空間の「本屋」ではなく、「世界一の小売り店」を目指す存在だと定義しています。それを社員に浸透させ、日々その為の戦略を行ってきました。

キンドル3.jpgアマゾンが販売するのは紙・電子の本だけでなく、電子機器をはじめその他の電気製品、衣料品、健康関連の商品など、何でもありという様子です。同社のライバルはアップルでも大手書籍チェーン店でもなく、実物店舗で世界最大の売上を誇るウォルマート(スーパーマーケット最大手)でしょう。そのウォルマートをネット販売というeコマース戦略によって上回ることが最終目標となるでしょう。

現在、世界の小売市場は緩やかに成長を続けてはいるものの、その成長力は非常に緩やかなものです。一方、オンライン販売においては新興国、先進国共に急成長が続いています。たとえ小売り市場が今後、世界的な景気減速で成長が止まったとしても、オンライン販売額だけは最低2桁成長が予想できます。まだまだ小売額全体に占めるネット販売額の割合は先進国でも数%であることが多く、こういった国では小売り販売成長自体は緩やかでも、成長余地の高いネット販売は2桁成長以上が当然となっています。アマゾンの販売サイトには月に3億人を超えるビジター数が居り、その数は増え続けています。

アマゾンの株価はここ数年で大きく上昇しましたが、世界の小売市場を席巻するステージまで想定すれば、長期的にはまだまだ莫大な潜在成長性を秘めているように思います。今後10年間で持続的な成長が期待できるアマゾンは、アップルを超えるような株価になる可能性もあるのではと思っており、長期的に注目できると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【防水骨伝導MP3プレーヤー】周囲の音を聞きながら 音楽も楽しめるポータブルオーディオプレーヤー [オーディオ]


防水骨伝導MP3プレーヤー1.jpgサンコー
ポータブルオーディオプレーヤー
『防水骨伝導MP3プレーヤー
希望小売価格1万4800円

みなさんは、「骨伝導」という技術をご存じでしょうか。

普段人間は、鼓膜の振動→蝸牛(渦巻き状になっているもの)→脳といった順番で音を聞いています。しかし、鼓膜の振動だけではなく、頭蓋骨の振動によっても蝸牛へ音を伝えられます。このことを利用した技術が「骨伝導」。

今回ご紹介する『防水骨伝導MP3プレーヤー』は、商品名の通り、「骨伝導」が採用されているポータブルオーディオプレーヤーです。

「骨伝導」のメリットは、耳穴を塞がないため、装着したまま周囲の音も聴くことができる点です。
音楽を聴きながら自転車で走行して事故に遭う。といった、耳を塞いでいるために事故に遭うケースが大変多くなっています。

「骨伝導」であれば、周りの音もしっかりと聞けるので、こんな心配はありません。

もちろん、音漏れの心配もないので、電車の中でも安心して音楽を楽しめます。
防水骨伝導MP3プレーヤー2.jpg
使い方は、付属のUSBケーブルパソコンと接続し、コンピューター → リバームディスク → MY AUDIOと開いてデータを入れていくだけなので、とても簡単でした。

MP3/WMA/WAVに対応しているため、iTunesの音楽をドラックしてファイルに入れることも可能。



実際に装着してみると、音楽を聞きながら、周りの音がダイレクトに聞こえてくるので、何とも言えない変な感覚。しばらく聴いていると違和感は感じなくなりました。

そして、操作系統が全てネック部分に集中しているのは便利なのですが、ボタンがやや硬く押しづらかったです。
防水骨伝導MP3プレーヤー3.jpg
気になる音質は、やはり少しくもって感じますが、音楽を楽しむことはできました。

防水という点と、重量が59gと軽い点、ネックバンド型で激しく頭を振っても落ちることはありませんでしたので、通勤通学はもちろんのこと、ランニングやアウトドアにも向いていると思います。

ただ、電池は充電式で、連続使用時間が約1.5時間しかもたないところが残念。

ランニングや、サイクリングなど、周囲の音を聞かなければいけないシチュエーションで使うには、もってこいのポータブルオーディオプレーヤーでした。

サンコ- 防水骨伝導MP3プレーヤー WPBCM3PA

新品価格
¥13,561から
(2012/7/14 18:11時点)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ショップ店員に聞く「失敗しない」最新家電の選び方 ~ヘッドホン~ [ショッピング]

【覚えよう、2つのスペック項目】

iPod』や『Walkman』などのポータブルプレーヤーにくわえて、最近ではスマートフォンでも音楽を楽しまれる方が増えてきていますが、なかには使っていくうちに、その音質に物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、音質を大幅にアップさせる方法として効果的なのが、市販のヘッドホンへのチェンジ。そこで今回は、数あるヘッドホンのなかでも、ポータブルプレーヤーやスマホで使用するのに最適な、携帯性に優れたモデルを紹介していきましょう。

各メーカーから様々なモデルがリリースされているなかから、自分に合ったヘッドホンを選び出すのは至難の業。とくにヘッドホンのようなオーディオ機器は、専門用語が多く、その意味自体も分かりにくかったりします。そこで、まず“基本のキ”としておさえていただきたいのが、「再生周波数帯域」と「音圧レベル」。ざっくりと説明すると、「再生周波数帯域」は、ヘッドホンが再生できる低音・高音といった音の幅を示したもの、「音圧レベル」は音の厚みを表したものなんですが、「再生周波数帯域」はその幅が広いほど、また「音圧レベル」はその数値が高いほど、より高品質な製品であると言えます。

ハイスペックな高品質モデルになるほど、上がっていく傾向にあります。ヘッドホンは1000円を切る安価なものもあれば、5ケタ台のモデルもざらにあるなど、価格の差がとても激しい製品ジャンル。上記に挙げた2つのスペック項目をチェックして、ある程度モデルのアタリが付いたら、それらを店頭で実際に試聴。さらに、予算との兼ね合いも考えつつ、自分が納得できるモデルを探していくというのが、選び方の王道になるでしょう。

オススメの3モデルは?】

ヘッドホンは、国内外の様々なメーカーよりリリースされていますが、音質や性能面で高い評価を得ていて、かつユーザーからの支持も高いメーカーは、オーディオテクニカ・ソニー・ボーズの3社ですね。
オーディオテクニカ.jpg
オーディオテクニカのモデルで最近の一番人気は『ATH-SJ55』です。実売3000円台とヘッドホンとしては比較的安価な部類に入るモデルなんですが、その割にはスペックと、コストパフォーマンスに優れた自慢の騎手です。また、左右のイヤパッドを重ね合わせるような感じで、小さく折りたためられる点も、持ち運びの際に便利ですね。

MDR-MA100.jpgソニーのオススメモデルは『MDR-MA100』。先に紹介した『ATH-SJ55』との違いは、音が出る部分の背面に穴が開いた、いわゆる「オープンエア型」を採用している点です。本体もかなり軽く、長時間の装着でも耳が疲れにくくなっています。ご家庭でゆっくりと音楽を鑑賞したいときにも、大いに活躍するモデルです。

いっぽう、世界的な音響メーカーとして知られるボーズでは、『AE2』が人気です。音質に関するスペックは公開されていないのですが、実際に視聴すれば、その音質の高さに驚かされること間違いなし。BOSE AE2.jpgくわえて実際に装着した際の、耳へのフィット感も抜群なんです。なお同製品の姉妹品には、iPhoneなどApple製品に対応した『AE2i』というモデルも存在。こちらはマイク付きリモコンが付属していて、音楽鑑賞中の通話への切り替え操作などもできるようになっています。

【実際に試聴して決めるべし】

ヘッドホンを選ぶ際に注目していただきたいのが「再生周波数帯域」と「音圧レベル」にくわえて、ヘッドホン形式の違いですね。ソニー『MDR-MA100』のような「オープンエア型」は、本体重量が軽く、長時間の装着に向いているところが大きな利点。いっぽうで『ATH-SJ55』などで採用される「密閉型」は、音漏れが少ないために音楽に集中しやすい点が、メリットと言えるでしょう。通勤・通学時での使用にほぼ限られるのであれば「密閉型」を、ご自宅でゆっくり音楽を聞かれる時にも使いたいなら「オープンエア型」を選ぶのが良いでしょう。

また持ち運んで使うことがほとんどであれば、本体を小さく折りたためるかどうかも、大きな選択ポイントでしょう。また折りたたみ方にしても、『ATH-SJ55』のように丸めてコンパクトになるものもあれば、『AE2』のように全体的に平べったくなるものもあったりと、モデルによって様々あります。いつも持ち歩くカバンの形状などもよく考慮して、自分に合った折りたたみ方のモデルを探してみて下さい。

しかし、ここまでいろいろと説明してまいりましたが、最終的な決め手となるポイントは、なんといっても個々人の音へのこだわりでしょう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

セガトイズが家庭用プラネタリウム「earth theater」を発売 [生活]

アースシアター.01.PT09.SX250_SCLZZZZZZZ_.jpg セガトイズは、家庭で気軽にプラネタリウムが楽しめる「HOMESTAR(ホームスター)」シリーズで、光学式とデジタル式両方の星空投影法を取り入れた新商品「earth theater(アースシアター)」を11月22日に発売します。

本物のような満天の星空に起きるあらゆる現象の再現を可能にする新世代家庭用プラネタリウムの登場です。

美しくリアルな星空を映し出す光学式プラネタリウムとデジタル式を組み合わせたことによるハイブリッド投影が可能!従来の家庭用プラネタリウム「ホームスター」でかなわなかった色々なアースシアター.02..jpg映像表現が可能になり自宅で満天の星空と臨場感ある映像が楽しめる!光学エンジン部分は60000個の星を投影でき、レンズも新しく設計し、より美しい星空に。また原版を交換することができるので、様々な星空を楽しむことができるようになりました。

日周運動機能、タイマー機能付き。デジタルプロジェクター部分はLcos式LEDプロジェクターを採用。またSDカード対応となっており、クイックタイムやAVIといった動画フォーマットの再生が可能です。
音楽再生機能搭載、左右各1.5W出力のステレオスピーカーを搭載し、映像と共に音楽も楽しめる。外部出力端子も装備し、手持ちの機器での音再生も可能。
アースシアター.04.jpg
監修はギネス認定のプラネタリウム・クリエーター大平貴之と「デジタルペインティング」の世界的先駆者、デジタルグラフィックアーティストのKAGAYA。



サウンド機能で夜空をドラマチックに演出する。希望小売価格は3万6750円。

HOMESTAR earth theater ブラック

新品価格
¥32,770から
(2012/7/6 04:13時点)





HOMESTAR earth theater ホワイト

新品価格
¥32,770から
(2012/7/6 04:14時点)



ノーリツが「ダブルソーラー」を発売 [太陽光発電]

■太陽光・熱両方を給湯、暖房に利用

 ノーリツは、太陽光発電システムと太陽熱利用システムを組み合わせた「ダブルソーラー」を8月21日に発売すると発表した。
ダブルソーラー-p1.jpg
 総モジュール容量3.75キロワットの場合の希望小売価格は393万570円(工事費別)。ノーリツ製の太陽光発電システム「PVMDシリーズ」と、太陽熱利用システム「XFシリーズ」を組み合わせた製品。太陽のエネルギーを発電、給湯、暖房の3つの用途に利用することができるほか、1つのリモコンで電気、ガス、お湯の使用状況やそれぞれの料金をリアルタイムで確認できる点が特徴。ノーリツでは、“業界初の商品”としている。

 設置の際、見た目にも統一感が出るように、太陽電池モジュールと太陽熱利用システムの集熱パネルを一体化させている。切妻屋根のみに設置可能で、対応屋根材はスレート、瓦、支持瓦、金属横ふき、アスファルトシングル。垂直積雪量は50センチ以下。

 太陽熱利用システムで使用する熱源一体形蓄熱ユニットは、狭いスペースにも設置できるコンパクト設計を採用。高効率のガス給湯器「エコジョーズ」を搭載しており、曇りの日や夜間にお湯を使う際も、ガスの使用量を抑えることができるという。

まずは見積もりからね!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。